Skip to main content
EaSyGo ESG in Real Estate

EaSyGoのニュースレターで、

サービスのお知らせや

ESGトレンドに関する最新の投稿をお届けします

ニュースレターに登録する

イベント

2024年5月28日(火)17:00
CRREM Japan Forum 2024:2050年ゼロカーボンに向けた不動産と気候テックの協働詳細参加申込
2024年2月29日(木)12:00
ウェビナー「今年変わるESGの『S』:最新動向と事例から考えるこれからの取り組み」詳細参加申込
2023年10月3日(火)16:00
ウェビナー「GRESBスコアアップ戦略:BREEAMとEnerSyGoの活用法」詳細参加申込

ニュースリリース

不動産テックを活用した社会インパクト創出
新宿パークタワーでEaSyGo新機能を活用
EaSyGo Value Driver誕生
入居企業のESG要件を一挙に把握、改善:選ばれるビルになるためのESG診断サービス
脱炭素への課題は入居企業との連携欠如 : ULI欧州報告書
デューデリジェンス、グリーンリースの共通化の課題も
2024年 不動産ESGテック「EaSyGo」のグローバル展開
シリーズAラウンドの資金調達を開始します
EaSyGo x 三菱地所 東京都が推進する「Be Smart Tokyo」プロジェクトに選定
オフィスビルのESGをスマート解析・ソリューション連携
元フォートナイト コミュニティマネージャーの今井翔太氏が、EaSyGoのアドバイザーに就任!
ワクワクする体験 × 不動産でサステナビリティを生み出す仕掛け人に
12月は寄付月間(Giving December):不動産オーナーからテナントへ寄付活動の呼びかけと機会づくりを
寄付月間2023リードパートナーとして、EaSyGo導入物件で入居者と寄付活動連携
ESG促進に向けた不動産利用者へのクーポン配布サービス、「インパクPON(インパクポン)~ SDGsや社会インパクトへ繋がるクーポンシステム」を開始
住宅、オフィス、リゾートなど、利用者のライフシーンに直結したクーポン配布で、環境・社会インパクトの創出を加速
行動科学(ナッジ)によりオフィスでの脱炭素化を推進する脱炭素化実証事業を実施
行動科学(ナッジ)の活用により、オフィスでの脱炭素プログラムへの参加率は2.4倍向上
電力データを活用した賃貸住宅の脱炭素化支援サービスをグローバルな機関投資家・不動産ファンドへ提供
不動産業界の脱炭素化に向けて、国内初の電力データを活用した賃貸住宅の専有部を含む電力利用量の解析サービスの提供に向けた検討を開始
「不動産からの脱炭素化イベント」ノルウェー中央銀行投資管理など世界的な機関投資家が多数登壇!:7月10日開催
GOYOH開催イベント:ノルウェー中央銀行投資管理(NBIM)、シンガポール大手銀行OCBC、米国教職員退職年金/保険組合(TIAA)の不動産運用部門のNuveen Real Estateなど、欧州、アジア、北米のトップ機関投資家、気候管理・炭素会計プラットフォームを展開するPersefoniなど登壇
ESG x 交通データによる不動産価値の創出への協業を開始
GOYOHの不動産ESGプラットフォーム「EaSyGo」とSpatial Pleasureの交通データ解析サービスを組み合わせ、不動産を起点にESG x 交通接続性のインパクトによる不動産価値の実現へ
「不動産」 x 再生可能エネルギーの「環境価値」 による脱炭素社会の実現へ
GOYOHの不動産ESGプラットフォーム「EaSyGo」とエナーバンクのグリーン電力証書ソリューション「グリーンチケット」とを組み合わせ、不動産を起点に環境価値の普及による脱炭素社会の実現へ
不動産ESGサービス「EaSyGo」を提供するGOYOH、「寄付月間2022-Giving December-」にて、「パートナー賞」を受賞
リバーシティ21や、KDX豊洲グランスクエアと連携し「子ども食堂」への寄付などを実施
清水建設アクセラレータープログラム「SHIMZ NEXT」に、GOYOHの採択が決定
~清水建設のもつ建物OS・スマートビルと、GOYOHのもつ行動変容や社会インパクト解析・創出プログラムを掛け合わせ、次世代の街と建物の共同事業を開始~
賃貸住宅ブランド「La Douceur」、賃貸住宅向け不動産ESGサービス「ResiGo」の利用を開始
~賃貸住宅におけるESGの取り組み促進を強化~
ナッジを活用したオフィスビルでの脱炭素化実証事業を開始
KDX豊洲グランスクエアを実証フィールドに、オフィスでの脱炭素への⾏動変容へ
ニセコを舞台に「イノベーションとコト・モノ・ヒトで創り出す」持続可能なリゾート共創プログラム
北海道ニセコを代表するリゾート施設と持続可能性の価値を実現する「IMPACT NISEKO with EaSyGo」
不動産から脱炭素と社会課題解決へ、サステナブルなサービスを共創する企業・個人を募集!
持続可能性とESGをコンセプトとしたサービスを持つ企業や個人と共創し、不動産利用者へ提供するプログラム「EaSyGo IMPACT Program」開始のお知らせ
不動産の社会インパクトを解析し改善するサービス「EaSyGo REAL IMPACTs」を開始
日本発の不動産インパクト投融資ツールとしてグローバルに展開へ
アジアで唯一の不動産ESGスタートアップとして、EaSyGoがグローバルな不動産ESGプログラム「A Journey to Deep Green」へ参加
世界的な不動産ファンドや企業とともに、グローバルな不動産ESGを展開へ
GOYOH、DATAFLUCTと不動産領域の環境価値創出事業におけるパートナーシップに合意
不動産を起点に、よりグリーンで社会的な行動変容へ
不動産ESGサービス「EaSyGo」、東京・月島の「リバーシティ21 イーストタワーズ」にてサービス開始のお知らせ
住宅とコミュニティ価値を最大化する不動産ESGサービス
EaSyGoが三菱商事アクセラレータープログラムで新たなESGサービスを発表
商業施設やオフィスにおけるテナント企業やその従業員とESGを協働するサービスを共創
KDX豊洲グランスクエアでの「森林保全への寄付キャンペーン」のお知らせ
集合住宅のコミュニティ価値を最大化するサービス「EaSyGo」、名古屋の高機能賃貸住宅「ロイヤルパークスERささしま」にてサービス開始のお知らせ
オフィスビルと地域コミュニティの持続可能性を実現するサービス「EaSyGo」、ケネディクス・グループが運用するオフィスビル「KDX豊洲グランスクエア」にてサービス開始のお知らせ
不動産から脱炭素とESG価値創出を実現する「EaSyGo」を運営する株式会社GOYOH、J-KISS型新株予約権の発行により資金調達を実施
~不動産を起点に脱炭素社会を実現し、社会的価値創出を加速させるプラットフォーム~
日本発の気候変動に取り組む不動産テックサービス「EaSyGo」が、新サービス「EaSyGo ATE (ベータ版)」の登録受付を開始
株式会社GOYOH(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤 幸彦)が開発運営する不動産ESGサービス「EaSyGo」の新機能「EaSyGo ATE(ベータ版)」の登録受付を4月22日に開始した事をお知らせ致します。

不動産ESGコラム

ESG Tech
2021-06-02

不動産ESGテックによって変わる未来⑨ 「カーボンリスク」

21世紀の人類にとっての最大の課題は気候変動と言っても過言では無いでしょう。 近年、グローバルな気候変動への対応機運の高まりとともに、金融、産業、行政などの各分野で様々な取り組みや枠組みが進められています。 経済的にも実効的にも、不動産は気候変動への対策における最前線であり、最重要戦術といえます。
ESG Tech
2020-12-01

不動産ESGテックによって変わる未来⑧ 「気候変動」

21世紀の人類にとっての最大の課題は気候変動と言っても過言では無いでしょう。 近年、グローバルな気候変動への対応機運の高まりとともに、金融、産業、行政などの各分野で様々な取り組みや枠組みが進められています。 経済的にも実効的にも、不動産は気候変動への対策における最前線であり、最重要戦術といえます。
ESG Tech
2020-11-04

不動産ESGテックによって変わる未来⑦「持続可能型ツーリズムが生み出す付加価値」

持続可能性はリゾート・観光における核心的価値へ 人々の生活や活動において、日々、多数の種類の不動産施設が直接・間接的に用いられ、様々な活動の起点となります。そのなかでも、リゾートなどのツーリズム型施設は、持続可能性において最も大きな付加価値を創出することが可能な施設の一つです。 持続可能性は、日本の今後のリゾートを含むツーリズム開発おいて、最重要の課題であるとともに戦略的要素でもあります。