次世代型の持続可能モデル都市を実現

個人からコミュニティへ、コミュニティから街へ、街から都市へ、持続可能性を拡げます

衣食住、移動、ツーリズム、建物、消費、コミュニティの
SDGs / ESGを可視化し、持続可能性の選択肢をすべての人に

都市に住む人々と企業、訪れる人々にとって、持続可能性をもった選択肢を提供します

持続可能型

ツーリズム


日本が世界に発信できる魅力には、食文化、伝統文化や産業、自然資源といった素晴らしいものが揃っています。これらの観光資源を持続可能な形で体験する持続可能型ツーリズムを、カーボンニュートラル・オフセットといった形で可視化し、ツーリズムにおける持続可能な選択肢を提供します。

持続可能型

不動産運営


不動産施設とそれに伴う移動・交通は、世界の温室効果ガスの50%以上を生み出しています。不動産運営において、関連するカーボンフットプリントを可視化することにより、関連する人々の活動における持続可能な選択肢を提供します。

持続可能型

消費


各種消費における商品のライフサイクルにおけるカーボンフットプリントを可視化し、地産地消やリサイクル・リユースといった選択肢における持続可能性への貢献の可視化を行い、人々の消費活動における持続可能な選択肢を提供します。

持続可能型

教育・コミュニティ


人々や企業の能動的な持続可能性へ取り組む動機、手段、評価、共有、共感といった、持続可能性への取り組みに必要な要素とともに啓蒙や教育を通じて、ライフスタイルとコミュニティを育みます。

都市の魅力の向上

「住む、働く、遊ぶ、旅する」といった分野を繋いだ持続可能性を循環させることにより、持続可能性をもった次世代型の都市モデルとなる

持続可能性を持った街やコミュニティは、同じ価値観をもつ人々・企業を惹きつけ、不動産価値の向上や、街の価値や魅力は高まる