LVMHがラグジュアリ―ホテル&旅行大手のBelmondを買収

ラグジュアリーのコンセプトは “商品(モノ)” から “体験(コト)” へシフト

2018年12月14日、ラグジュアリーファッション大手のLVMH Moët Hennessy Louis Vuitton は、ラグジュアリー列車の“オリエント急行”で名高く世界中でラグジュアリーホテルやレジデンスさらにラグジュアリー客船・列車を展開するホテル運営会社Belmondの買収を発表。

LVMHは、世界的なファッションブランドを展開するとともに、ラグジュアリーホテルのCheval Blancの運営やBulgari Hotel and Resortsを展開しており、今回のBelmondの買収とともに、ラグジュアリーホスピタリティ・旅行分野でのさらなる展開が予想される。

また、今回の買収は、ミレニアル世代を中心に世界的にラグジュアリー消費のコンセプトが“商品(モノ)”から“体験(コト)”へシフトしている傾向と重なっていると言える。

”エクスペリエンス・エコノミー”

”エクスペリエンス・エコノミー”と分類されるこれらの“体験(コト)”を中心とした産業やサービスは、ミレニアル世代の消費者としての台頭とともに急成長しており、Euromonitor社の調査によると2028年には8兆2000億ドルの市場規模となると試算されている。

Belmondは、弊社メンバー(アスタリスク)が今年7月11日に開催した第3回 IRとラグジュアリーホテル・ブランデッド レジデンス開発セミナーで講演を行っています。

次世代の日本型”エクスペリエンス・エコノミー”とは?

GOYOHでは日本の伝統・文化・技術を礎とした『ヒトとコミュニティとコト』を合わせることによって、ヒトの持つ創造性を活かし、地元(コミュニティ)のヒトや資源との連携により、特別な『そのときだけ、そこだけ、そのひととだけ』といったコトに昇華させて、ウルトラ富裕層の求めるサービスや体験を創り出す事を進めています。

GOYOHでは、一緒に次世代の日本型ラグジュアリーサービスを創る仲間を募集しています