先週、瀬戸内海は尾道へ行って参りました。初めてだったのですが、インバウンド富裕層向けのリゾートとして非常に高いポテンシャルがあると感じました。

すでに直島などに代表される『アート』といった要素、さらに瀬戸内海の温暖な気候、尾道の禅寺や、しまなみ海道のサイクリングといった『ウェルネス』という要素があります。

また、釣りからスキーまで多くのアクティビティが可能である上に、見所が分散されており、かつ船や自転車、水上飛行機など多くの魅力的な移動手段を備えており、グローバル富裕層が『繰り返し訪れる場所』として素晴らしい下地があるかと思います。

地理的にこの大阪から九州までの間の山陽エリアは今まで、インバウンドのエアポケットとなりがちなエリアでしたが、だからこそ凄まじい伸び代があると私たちは感じています。

GOYOHではこの素晴らしいポテンシャルを持った瀬戸内を、グローバル富裕層へ発信していきたいと考えています。

GOYOHでは次世代型の『コト』、『モノ』、『ヒト』のサービスをインバウンド富裕層へ提供しています。

GOYOH Inc. では一緒に働く仲間を募集しています